キングブラザーズ @ 名古屋アップ・セット 2017.06.04

選び掴み目撃した夜
フォトレポート @ 名古屋アップ・セット 2017.06.04

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

 ドーベルマンが定期的に行っている自主イベント『DOGFIGHT(ドッグファイト)』が、名古屋アップ・セットにて行われた。雑多な街にあるビルの5F、中庭のある楽屋ではドーベルマンとキングブラザーズが和やかに近況を報告し合っていた。

 10分押して暗転すると、歓声に呼びこまれたキングブラザーズが喧嘩を売られた狂犬よろしく、途轍もない気迫をまとって現れた。ゾニー(Dr)のキメから「スパイ・ボーイズ」が始まる。とにかくこの日、3人の熱量が半端なかった。見ている者の思考をひとところに落ち着かせない、その求心力。ケイゾウ(Vo/G)の「ドカドカ、ドドドドド」で始まった「ドカドカ」が前日のものと一線を画す理由が、ドーベルマンとの対決という土俵の上であるからなのかは分からない。やにわにケイゾウがギターを置いてステージからフロアへ降り、遠巻きに見ていた観客の前でハープを吹く。かと思えばマーヤ(G/スクリーム)は担がれたまま、後方の客にもそれを促すように移動し指示する。ロックンンロールに決まりが無いように、無茶苦茶になれる自由を与える為に、彼等は今夜も爆音を産み出している。

 売れたCDの数や、増えたライブの動員数が、ロックンロールの格好よさを計れる数字ではない。ずっとやり続けることで枯れたり熟れたり肩の力が抜けたり、という世界は彼等の中には存在しない。前日とセットリストに重複する部分があったとしても、前日のライブが最高の出来だとしても、それはただの通過点であり、今夜この日の彼等が最強であり、この日を見逃さなくて心底よかったと思えたことを、選び掴んで目撃したオーディエンスが胸に刻み、伝えていって欲しいことだと思う。

 直近のスケジュールは下記の通り。今週末はスマッシング・マグでもおなじみのイースタンユースとのツーマン・ライブだ。そして7月7~10日にはバンド初の台湾ツアーが控えている。7月9日の嘉義 @覺醒音樂祭という野外イベントでは、ヘッドライナーとして迎えられる。

— set list —
スパイ・ボーイズ / Song3 / 黒くぬれ! / ドカドカ / Song1 / スーパーX / Song7 / Keep On Rollin’ / Song2 / Big Beat / Sympathy For The XXXXX / 69 / ACTION!!!! / マッハ・クラブ


6月09日(金) @東京 新宿ロフト
6月10日(土) @静岡 フリーキー・ショウ
6月11日(日) @茨城 古河スパイダー
6月23日(金) @京都 ガタカ
6月24日(土) @福井 ベルベット
6月25日(日) @富山 ソウル・パワー

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

–>ドーベルマン(Doberman)

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment