キングブラザーズ (KING BROTHERS) @ 神戸スタークラブ 2017.08.06

正面突破の正攻法
フォトレポート @ 神戸スタークラブ 2017.08.06

キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)
キングブラザーズ (KING BROTHERS)

 彼らがここでワンマン・ライブを行なって1年。去年一旦閉店したスタークラブは今年復活し、この日はキングブラザーズが続けているイベント「喧嘩記念日」が開催された。今回の相手は、アルバム「ヤンキーとKISS」をリリースしたばかりの、モーモールルギャバンだ。ゲイリー・ビッチェ(Vo/Dr)の、先輩キングブラザーズをディスっては謝り、喧嘩をふっかけてきたのはそっちだ!と開き直ったりというMCは、どちらのファンをも惹きつけた。

 キャッチーなモーモールルギャバンの世界から一転「今日は俺たちと君たちの喧嘩だぜ!」というケイゾウ(Vo/G)の煽りから始まったのは「ドカドカ」だ。ゾニー(Dr)の打ち鳴らすビートに観客は理性をひっぺがされ、思うがままに踊らされる。サングラスをかけたケイゾウが「そうだよ退屈なんだちっとも楽しめない」と吐き出すごとにフロアの熱気は最高潮へと突っ走る。マーヤ(G/スクリーム)がヴォーカルを取る「ゲット・アウェイ(GET AWAY)」で客はもみくちゃになりながら、前へ前へとマーヤに引き寄せられた。

 続く「69」のケイゾウの訴えかけるようなボーカル、間奏ではケイゾウのベース・ギターとマーヤのリード・ギターが聴覚を覆い尽くし、鮮やかさを産み出すゾニーのドラムが揺るぎないバンドの存在感を牛耳っている。要所要所でケイゾウとマーヤが真正面を向きコーラスを挟むのも、二人が力づくで転がしてきたこのバンドを思い、グッときてしまう。

「キル・ユア・アイドル」で「お前のアイドルをズタズタにしてやるよ」と歌うケイゾウの悪意は「今俺たちが信じてるロックンロール、他に鳴ってるのは全部デタラメだ。君たちと俺たちしかこの世に中いない、頼むよお前ら」という言葉からも垣間見える願いの裏返しだ。「黒く塗れ!!」では3人のアクションが次第に大きくなり、ゾニーの叩くシンバルが合図となって、フロアはぐちゃぐちゃに盛り上がる。

「ビッグ・ビート」でケイゾウはメンバーを紹介していく。ドラム・ソロを叩くゾニーに歓声が上がると「ロックンロールは早いだけじゃないぜ」と、汗をボトボト全身から落としながら弾くマーヤには「やばすぎるぜ、Mr.マーヤ、ヤバすぎるでしょ」と更にフロアからの歓声を引き出した。

 マーヤがフロア後方で見ていたモーモールルギャバンのゲイリー・ビッチェに向かって「バンドの世界の縦社会思い知らせてやろか!」と喧嘩を売りまくった「マッハ・クラブ」。モーモールルギャバンの「パンティー泥棒の唄」を引き合いに出し「パンティ脱いでもってこい、ゲイリー俺にパンティ投げろ!」と煽られたゲイリー・ビッチェが投げたパンティを咥えながらの「ニ・シ・ノ・ミ・ヤ」コール・・・狂っている、最高すぎる。

 そこからひるがえっての「ドゥ・ドゥ・スクラッチ(Doo Doo Scratch)」の渋さったらなかった。アルバム『6×3』の1曲目を飾るこの曲は、ケイゾウとマーヤの声の掛け合いから始まる。続く「XXXXX」とに挟まれ、剥き出しのロックンロールに血肉を与えていくような実直さが見えた。
 
 彼らの「見せて」「聞かせる」ステージングの、的を射た緩急のつけ方は天才的とも言えるのではないか。最後の曲「ルル」でマーヤがJ-Popが一番上じゃない、その上にロックンロールがある、全員来い!と叫んで派手にクラウドサーフをしたのち「ロックンロールは何度でも立ち上がるんやで!ニ・シ・ノ・ミ・ヤ!」と客に何度も「ニ・シ・ノ・ミ・ヤ」叫ばせると2階に横渡しされている鉄パイプに両足をかけ、メリメリと上半身を起こした。マーヤがその高みに到達するとき、ケイゾウとゾニーの衝動は連動し、奏でる音と共に否応無い磁場を生む。両腕をこれでもかと高く挙げた客の腕の上、腹筋だけで上体を持ち上げギターを弾くマーヤのヒーロー感は唯一無二の存在だった。

 序盤にケイゾウが「俺たちと君たちの喧嘩だぜ!」という言葉を放ったのは、惜しみなく渡される彼らの音楽が喧嘩を買った者に手渡され、生き生きと息を吹き返すことを掌握しているからだろう。正面突破の正攻法で勝利を得られるのが、ロックンロール・ヒーローの証なのだ。

— set list —
ドカドカ / GET AWAY / 69 / Kill Your Idor / 黒く塗れ!! / Big Beat / Sympathy For The XXXXX / マッハクラブ / Doo Doo Scratch / XXXXX / ルル /


『ROCK’N'ROLL EXPRESS!』
THE NEATBEATS / KING BROTHERS / ザ50回転ズ and more
8月19日(土) @渋谷クラブクアトロ
9月01日(金) @名古屋クラブクアトロ
9月02日(土) @広島クラブクアトロ
9月10日(土) @梅田クラブクアトロ

『ゑびす・ロック・フェスティバル』
9月24日(日) @ 兵庫県西宮市民会館アミティホール
アクセス : 阪神「西宮」駅市役所口改札北へ徒歩1分、JR「西宮」駅から西徒歩約10分
時間 : 開場16:30、開演17:00
出演 : THE BAWDIES、ギターウルフ、ザ・たこさん、KING BROTHERS  
特別出演 : 天才ウクレレ少年/近藤利樹

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment