ザ・ニートビーツ@ 梅田クラブ・クアトロ 2017.09.10

歌い笑う、贅沢なロックンロール・タイム
フォトレポート @ 梅田クラブ・クアトロ 2017.09.10

The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats
The Neatbeats

 昨年企画され今年2回目を迎えた『ロックンロール・エクスプレス』ツアーの終着駅梅田クラブ・クアトロの最後を飾ったのは、今年結成20年を迎えたザ・ニートビーツだ。
 ステージにあがるなり、直前のキングブラザーズDJをイジる、”Mr.Pan(パン)”崇(Vo/G)の話術に、待ってましたと言わんばかりの歓声が上がった。ライヴで盛り上がり必至の「ファーマー・ジョン」「ヤー・ヤー・ヤー」を立て続けに演奏し、狂わんばかりのダンスホールと化したフロアを前に、浦”Mr.Gully(ガリー)”大(B/Vo)土佐”Mr.Lawdy(ロディ)”和也(Gr/Vo)がヴォーカルをとる「ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブック・バイ・ザ・カヴァー」「シェイク!」へと続き、中村”Mr.Mondo(モンド)”匠(Dr/Vo)のドラム・ソロが華麗にステージを彩った。と思った次の瞬間「こら、叩きすぎやねん!」とMr.パンが突っ込む。この絶妙な切り替えし、オン・オフのスイッチングが天才的だ。「来年もする?住所・電話番号書いてくださいね、全員電話しますから」と言ったかと思えば、普段誰もイジらないであろうキングブラザーズのマーヤの言葉を掬いとったり、ザ50回転ズの衣装を取り上げ、フロント3人のノリツッコミで笑いに変える。

「キャラクターのある3バンド、相変わらず新しいことやってませんけど、ありがとう!みんな変わらない何かが好きでしょう?」ロックンロールしかないでしょ!というMr.パンのMCで「ツイスティン・タイム・ウィズ・ユー」で見える景色が左右に揺れた。マージービートなロックンロールを、ザ・ニートビーツを通して出会った人は幸せ者だと思う。本物の機材で過ぎた時代を踏襲したアナログ・レコードも手にすることが出来るし、丸ごとライブでその音を体感出来るのだから。これほど贅沢なロックンロールなんて滅多に出会えることではない。

 そんなニートビーツが出演し、Mr.パンが主役をとる映画『ゴースト・ロード』が9月30日(土)に公開される。クラウドファンディングにより制作された見たことない最高のロックンロール・ムービーと、近々出されるだろう彼等のニュー・アルバムどちらも待ちきれない。

–>キングブラザーズ

–>ザ50回転ズ

— set list —
FARMER JOHN / YAH YAH YAH / YOU CAN’T JUDGE A BOOK BY THE COVER / SHAKE! / TWISTIN’ TIME WITH YOU / BYE BYE VERY GOOD / ハートをわたそう / HAMBURG TWIST / うわさの男 / I CAN TELL / BABY THATS R&R / TWISTIN’ DAY / 黒いジャンパー / LET’S GET SHAKE!

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment