ザ・ボゥディーズ(The Bowdies) @ 西宮アミティホール ゑびす・ロック・フェスティバル 2017.09.24

彩られたロックンロール
フォトレポート @ 西宮アミティホール ゑびす・ロック・フェスティバル 2017.09.24

The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies
The Bawdies

 ギターウルフとキングブラザーズに挟まれる形となった『ゑびす・ロック・フェスティバル』のザ・ボゥディーズ。もはや汗みどろのリングと化したステージに満面の笑みを浮かべた彼らが登場すると、客席から飛び交う黄色い歓声が出迎えた。

 1曲目「ジ・エッジ」のロイ(Vo/B)の、まるでそのものが楽器であるようなソウルフルな声が、それまでの空気を一瞬で塗り替えた。タックスマン(G)とジム(G)が最前列に集まった観客の伸ばした手が届く距離まで寄り、実に楽しげにギターを弾き倒していた。マーシー(Dr)は余裕のある涼しげな顔でロックンロールを転がしている。パーティの幕開けだ。

 畳み掛けるように「イッツ・トゥ・レイト」が演奏され、曲の最後、ロイの掠れた長いシャウトに湧き上がる歓声が止まらなかった。「お祭りごとですから打ち上げ花火のように表現してはどうですか?いけますか?」で始まった「ユー・ガッタ・ダンス」の、聞いているだけで腰が崩れそうなベースラインに、マーシーのビートが、ジムとタックスマンの凄腕ギターが次々に重なり、もう踊ることしか出来ない観客の表情には、ハッピーが溢れている。

「スゴイことになってます、ギターウルフとキングブラザーズに、バケモンに囲まれてます」と冗談めかすロイ。ボゥディーズがデビューして初めてのライヴで一緒になったのがキングブラザーズだった。彼らを気に入ったマーヤとケイゾウから「俺たちに曲書いてよ」と言われたことが嬉しくて、それをお守りに懐にその言葉を入れていたのだと語る。「何年か後、その話を言ったら二人とも「ハハハ」って言ったんですよ。完全に覚えてないんですよ!」と笑いをとった。

 クルクルと変わる表現と表情、それを支える4人の豊かな音楽性が「メドレー」から「ホットッグ」の流れで顕著に現れた。「キープ・オン・ロッキン」まで走り抜けた35分間、ボゥディーズ式ロックンロールは煌びやかでダンサブルな魅力に溢れていた。

–>ザ・たこさん

–>ギターウルフ

–>キングブラザーズ

— set list —
THE EDGE / IT’S TOO LATE / YOU GOTTA DANCE / MEDLEY〜JUST BE COOL~KEEP YOU HAPPY~ROCK ME BABY~JUST BE COOL / HOT DOG / SING YOUR SONG / KEEP ON ROCKIN’


「EXPLOSION OF MUSIC MONSTERS」
11.15(水) 名古屋 DIAMOND HALL
 w/ SiM

11.17(金) なんば Hatch
 w/ マキシマム ザ ホルモン

11.26(日) 新木場 STUDIO COAST
 w/ 9mm Parabellum Bullet / the dresscodes with B

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment