ペトロールズ (Petrolz) @ 朝霧アリーナ 2017.10.08

静と動の心地よいサウンドが、富士山の麓に響き渡る
ペトロールズ (Petrolz) in 朝霧ジャム – イッツ・ア・ビューティフル・デイ! @ 朝霧アリーナ 2017.10.08

Petrolz
Petrolz
Petrolz
Petrolz
Petrolz
Petrolz
Petrolz
Petrolz

 「このままやっていいですか?」と、リハーサル後すぐに演奏を始めたペトロールズの3人。長岡亮介(ヴォーカル/ギター)がギターを鳴らすだけで、会場が一気にしっとりとした雰囲気に包まれる。冒頭の「ホロウェイ」では、「いいですね!」と、朝霧JAMが終盤に差し掛かっているにも関わらず、体力を余して踊る客に語りかける場面を見ることができた。鉄壁のような川村俊秀(ドラム/コーラス)のドラムと三浦淳悟(ベース/コーラス)のベースのサウンドに、長岡の軽快なギターが乗り、とても心地よい。体全身でリズムを取りながら聴き入ってしまう。また、スリーピースというバンドとして最もシンプルな構成ながらも、コーラスも含めて各々の出来ることを複雑に行い、静と動がバランスよく繰り返したステージは、1時間では物足りない。あの気持ちのよい時間を、朝霧JAMでもう一度!

Share on Facebook

Information

Photos:
Masahiro Saito

Facebook / Web Site / Instagram
Masahiro Saito's Works

Text:
Ataso

Twitter
Ataso's Works

Write a comment