ノーネーム (Noname) @ 朝霧アリーナ 2017.10.08

シカゴシーンの聡明でチャーミングなラッパーがその場を一つに
ノーネーム (Noname) in 朝霧ジャム – イッツ・ア・ビューティフル・デイ! @ 朝霧アリーナ 2017.10.08

NONAME
NONAME
NONAME
NONAME
NONAME

 同郷のシカゴシーンが活況を呈する中、いまだチャンス・ザ・ラッパーを日本で未見のまま、新世代のラッパー、リリシストであるノーネームの出演はヒップホップ、ラップミュージックファン垂涎の出来事だ。

 ギター、ドラム、キーボード(この人はシンセやシンベの音も出していた模様)からなるバンドの演奏に乗せて、アルトボイスかつ平熱感のラップを繰り出すノーネームはまさに現代詩を詠うよう。オーガニックなジャズファンク調から、新世代ジャズ的な変則的なビートも含み、クリーントーンのギターやエレピが温かい。彼女は今ここでシェアできることを楽しむ姿勢で、オーディエンスにクラップなどの参加を促し、お互いのリアクションで笑顔が広がっていく、そんな知的でニュートラルな緩やかなワークショップのようなライブなのだ。

 誰も疎外されないのだ。そのつもりがなければ。それはひとえにノーネームのフロウがピースフルだからだろう。因みにラフないでたちを良く見ると、朝霧のTシャツ。どこまでもナチュラルな人だった。

Share on Facebook

Information

Photos:
Sayaka Yuki

Instagram
Sayaka Yuki's Works

Text:
Yuka Ishizumi


Yuka Ishizumi's Works

Write a comment