キングブラザーズ(King Brothers)@ 神戸バリット 2017.10.13

怒れる獅子
フォトレポート @ 神戸バリット 2017.10.13

キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ
キングブラザーズ

「ルル」から始まると何かが起こる最近のライブ。挨拶がわりに演奏されるこの曲で、起爆剤としてマーヤ(G/スクリーム)が客に飛び込む。「レディオ・キャロラインのいいライブでパッチが言ってた『キングブラザーズはどうかな』はぁ?久しぶりに会って先輩に噛みつかれるとは思いませんでした」と言い、満場のフロアと共にニ・シ・ノ・ミ・ヤを叫んだ。

 先攻レディオ・キャロラインと対バンしたのは12年前のこと。キングブラザーズは当時も今と同じ、ベースレスのスリーピース・バンドだった。鉄壁のフロントであるケイゾウ(Vo/G)とマーヤにサポート・ドラマーの和田晋侍が加わってリリースされたアルバム『BLUES(ブルース)』の最後に収められているのが2曲目に演奏された「☆☆☆☆(星四つ)」だ。歴代ドラマーの中で、アーティストとしての個性が抜きん出ていた和田晋侍がバンドを去ったのも12年前だ。「赤いギターと青いギターの旅は続く / 知らない世界が待ってるんだ」と言う歌詞が指し示す先に、今、バンドマンという肩書きが似合うゾニー(Dr)がいる。

「2階で見てるヤツつまんねー」と歌詞を変えて歌うケイゾウが、2階を睨みつけながら「ボケッとすんなコラァ、踊らない2階の人帰ってください、おもんなかったら家帰ってテレビ見とけ、帰れオマエら、楽しんで帰ってくださいよ、お前に言うてんねん、お前らに言うてんねん」と2階で立つ客を一人一人指差して叫んだ。

 客に食らいついて怒るケイゾウを久々に見た。とはいえ彼のスタンスはずっと変わることはない。ギターウルフを見て人生がひっくり返った自分が見にきていると思ってやっていると、かつてケイゾウは語っていたことがあった。「俺たちはロックンロールをやりにきたぜ、何もかも全部ぶっ倒していく」と2階に向かって放たれるケイゾウの決意は、死ぬまで一つのバンドをやるというマーヤの決意と、立ち上がりケイゾウと共に2階を睨みつけるゾニーと、後ろを振り向き拳を挙げる観客とによって揺るぎないものとなっている。
 
 まるで燃え盛る火の内側に飛び込むようなマーヤと、焚付け続けるケイゾウとゾニーの爆音のビートがフロアを熱狂の渦へと誘う。ロックンローラーを見足りないとステージを降りた彼らを引っ張り出すニシノミヤコールに、フロアに1灯だけ照らされ演奏されたアンコールの「キング・オブ・ブギー」は3人の渾身の演奏で、ほの暗さに問答無用の強固な意思が立ち昇る、圧巻のステージだった。

— set list —
ルル / ☆☆☆☆ / Big Boss / 魂をうりとばせ!/ Sympathy For The XXXXX / マッハクラブ


『BLACK MEKON and KING BROTHERS JAPAN TOUR 2017』
11/22(水) @京都西院ネガポジ w/メシアと人人、タロッツ
11/23(木) @塚本ハウリンバー「忘れてモーテルズ vs キングブラザーズ」
11/24(金) @神戸108 w/デグルチーニ 他
11/25(土) @名古屋OYS w/SHIGE BEER AND A THOUSAND NEW WIFE、アントニオ3
11/26(日) @下北沢ベースメントバー O.A./CHILDISH TONES NE


『KING BROTHERS ONEMAN LIVE!!! 2017』
12/16(土) @ 梅田シャングリラ 18:30open/19:00start 

 詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

 

Share on Facebook

Information

Photos:
Tomoko "tommy" Okabe
tommy@smashingmag.net

Tomoko "tommy" Okabe's Works

Write a comment