ザ・テキサス・トルネードス (The Texas Tornados) @ ケニー・ドーハムズ・バックヤード、オースティン、TX 2010.03.19

テックス・メックスの至宝、最後の再結成に随喜の涙
フォト・レポート – ザ・テキサス・トルネードス in SXSW2010 @ ケニー・ドーハムズ・バックヤード、オースティン、TX 2010.03.19

The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados
The Texas Tornados

 おそらく、昨年のSXSWでのトリビュート・ショーが伏線となっているんだろう、これが最後という再結成を遂げたのが伝説のバンド、ザ・テキサス・トルネードスだった。

 言うまでもなく、このバンドの核となっていたのが99年に他界したダグ・サーム。それから10年を経たトリビュート・ショーで、息子のショーンをギターに迎えた本物のテックスメックスを堪能できたことは実に嬉しかった。オギー・メイヤーもいたし、アレハンドロ・エスコヴェドまでが顔を見せて名曲のオンパレードとなったのが昨年。やっぱ、テックス・メックスは素晴らしいと、あのライヴをきっかけにずいぶんとたくさんのアルバムを収集したものだ。

 とは言っても、あの時、すでにこの世を去っているフレディ・フェンダーはあり得ないにしても、ライ・クーダーを経由して知ることになったアコーディオンの神様、フラコ・ヒメネスがここにいたらなぁ… と思ったことは言うまでもないだろう。1年を経て、それが実現したのがこの日のライヴ。ショーン曰く、「これが最後の再結成だ」というテキサス・トルネードスをどれほど楽しみにしていたか… 数多くのライヴが行われる中心街からはちょっと距離があったんだが、見逃してなるものかとタクシーを飛ばして会場にたどり着いていた。

 なんでもジャズ・トランペッターのケニー・ドーハムが近所に住んでいたことから、「ケニーの裏庭」と名付けられたここは、戦後最初に本格的なブルース・バー&レストランとしてオープンしたヴィクトリア・キッチンの裏庭で、地元の人たちが「イースト・サイド」と呼んでいるエリア。戦前は黒人を中心とした貧しい人たちが住んでいらしく、当然ながら、メキシコ系も多かった。今もその痕跡を残しているんだが、その歴史と同時に「誇り」があるんだろう、この日のライヴでは「俺たちは東側の人間なんだ」という言葉がひっきりなしに耳に入ってきたものだ。

 当然のように、この日ここに集まっていた人がなによりも彼らを待ち望んでいたことは一歩足を踏み入れるとすぐに理解できた。メキシコ系の人がいっぱいで、誰もがテキサス・トルネードスのことを話しているのだ。特に、テックスメックスの巨人、そして、伝説でもあるフラコ・ヒメネスへの期待が大きいのは一目瞭然。ツアー・バスが会場へ横付けされ、ライヴが始まる前に、誰かに支えられるようにバスからステージへと向かった彼の姿を見て「大丈夫なんだろうか」とは思ったんだが、演奏が始めると、ステージが彼のために用意されたような大騒ぎとなる。もちろん、オギー・メイヤーも健在で、この日、ほとんどのオーディエンスがこの二人を目当てにしていたのは想像できるだろう。加えて、この日ステージに立ったドラムスもベースもギターもオリジナルのメンバーだったらしく、彼らをバックにフラコやオギーが水を得た魚のよう演奏を楽しんでいた。とりわけ、父親の仲間だった、尊敬すべき伝説と一緒に演奏するのが嬉しくて仕方ないんだろう、ダグの息子ショーンのはしゃぎぶりは写真の通り。できれば、最後となる再結成を日本で見たいと思うんだが、どうやら彼らを呼んでくれる奇特なプロモーターは日本にはいないらしい。実に、残念でたまらないのだ。

Share on Facebook

Information

Photos:
Koichi "hanasan" Hanafusa
hanasan@smashingmag.com
Web Site / Blog / Facebook / twitter
Koichi "hanasan" Hanafusa's Works

2 Responses to “ザ・テキサス・トルネードス (The Texas Tornados) @ ケニー・ドーハムズ・バックヤード、オースティン、TX 2010.03.19”

Comment from Mr.SCHOP
Time 2010年12月10日 at 8:26 PM

初コメ失礼します。テキサストルネードス大好きです。
えーっ!アコプレーヤーはフラコなんですか!驚きです。
自分もライクーダーからフラコ、テキサストルネードスへ
入ったのでびっくりしました。ダグサム閣下の訃報は
知っていたのですが、息子さんが元気なのでほっとしました。
フラコのパートナーズ、トルネードスのベスト版、
ダグサムがギターを両手に持って立っているジャケシャの
アルバムかっこよかった。自分もこの目で見て見たいです。

Comment from admin
Time 2010年12月29日 at 8:31 PM

ホントに日本に来てほしいと思います。このときは病み上がりだったらしく、ステージに向かうときにはよれよれだったフラコ。でも、演奏をし始めたら、めちゃくちゃ元気で… 最後の再結成となる彼らは今も活動を続けていると聞いています。なんとか、誰かが日本に連れてきてくれることを祈っています。

Write a comment