ザ・デッド・ウェザー (The Dead Weather) @ ピラミッド・ステージ in グラストンバリー・フェスティバル 2010.06.26

爆音が響き渡った午後のピラミッド・ステージ
フォト・レポート – ザ・デッド・ウェザー @ ピラミッド・ステージ in グラストンバリー・フェスティバル 2010.06.26

The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
The Dead Weather
 ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが率いるザ・デッド・ウェザー。1997年にデビューしたザ・ホワイト・ストライプスはガレージ・ロックの火付け役としても有名だ。ロックの初期衝動を彷彿させる激しいギタープレイは近年の他のギタリストとは一線を画しており、00年代のロックを語る上で最も重要なギタリストとして知られている。またレッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジがジャック・ホワイトのギターを絶賛していて、近年リリースした3枚のアルバムはすべてグラミー賞を受賞している。

 日が傾き始めた、グラストンバリー最大のピラミッド・ステージ前には、溢れんばかりの客が今か今かと手拍子をしながら待っていた。17時を少し過ぎたあたりで、メンバーが登場し、ザ・ホワイト・ストライプスを彷彿とさせる様な激しいプレイを披露。詰めかけた何万という観衆のボルテージが一気に上昇した。
 
 3曲目に披露した『You Just Can’t Win』ではジャック・ホワイトがマイクを持ち、ステージ前方へ出ると、客席から大きな歓声起きた。1時間半の濃密なステージ。観客も満足したに違いない。

Share on Facebook

Information

Photos:
Hiroshi Maeda
hiroshi@smashingmag.com
Web Site / Facebook /twitter
Hiroshi Maeda's Works

Write a comment