あがた森魚 @ 代官山晴れたら空に豆まいて 2010.07.13

京浜ロック・フェスティヴァル2010 プレ・イベント代官山編  還暦少年の”ソング&ダンス・マン”
フォト・レポート @ 代官山晴れたら空に豆まいて 2010.07.13

Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata
Morio_Agata

 京浜ロック・フェスティヴァル2010の開催が決まり、そのプレ・イベントとなるこの日は、昨年トリを飾ったあがた森魚が登場した。ポロロン、ポロンとギターを爪弾きながら、ゆっくりと、まるで時計の歩みを自分の速度に合わせていくかのような語り口で、観客を引き寄せていく。そして、最近はまっているという、タンゴ(っぽい)曲を次々と奏で、暮らし始めた川口を唄った新曲や、昭和の名曲「小さな喫茶店」を聴かせてくれた。クライマックスでは、この日に共演した前野健太双葉双一をはじめ、京浜ロックの総合プロデューサー兼出演アーティストの久保田麻琴と、同じく今年の出演者でもあり、昨年メイ司会っぷりで会場を煽ったオカマ楽団越路姉妹の越路ヨーコ(すっぴんで)を巻き込んでの「大寒町」大セッション大会となりました。

 今年の京浜ロックは入場無料で開催するという。出店の収入とカンパ(投げ銭)だけでこれだけのフェスをやってのけようなんて、久保田麻琴らしい勝負師さながらの心意気に、本気のオトナはやるな~、と敬服しつつ口元がゆるんでしまう。挑戦的な姿勢を貫いてきたオトナたちがやる音楽やライヴが、面白くないはずはない。

 発表された出演アーティストの面々をみると、世代を超えたライン・アップとなっている。自分たちのお父さん、お母さんと一緒に楽しめるフェス。それが無料なんだから当日フラっと立ち寄ることだってできてしまうのです。行かない手はないでしょう?

 2010年10月10日、機械群の立ち並ぶ工場地帯を背景に、人間味溢れるライヴを楽しみましょう。

 ※京浜ロック・フェスティヴァル2010 プレ・イベントの第二幕は、8/23(月)青山月見ル君想フにて行われます。
詳しくはHPをご確認ください。

http://krock.jp (京浜ロック・フェスティヴァル2010 公式HP)
http://www.moonromantic.com (青山月見ル君想フ)

Share on Facebook

Information

Photos:
Nachi Yamazaki
nachi@smashingmag.com

Nachi Yamazaki's Works

Write a comment