スーパー・ジャンキー・モンキー @ リキッドルーム恵比寿 2009.06.20

スリーピース・バンドとして10年ぶりに奇跡の復活。SJM愛につつまれ、繰り広げられた大切な瞬間
フォト・レポート @ リキッドルーム恵比寿 2009.06.20

Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey
Super Junky Monkey

 スーパー・ジャンキー・モンキーのボーカリスト、高橋睦が不慮の事故により28歳という若さで他界して今年で丸10年。その10年という節目に”ソングズ・アー・アワー・ユニヴァース、あのスーパー・ジャンキー・モンキー、1日だけの復活に友人達が集う夜”と題されて盛大に開かれたのがこのイヴェントだ。メイン・ステージではスーパー・ジャンキー・モンキー (Keiko、かわいしのぶ、まつだっっ!!) 、Wrench (レンチ) 、ジェイソンズ、サブステージではかわいしのぶ + 外山明 デュオ、NoRiChaZuke (ノリチャヅケ) といった面々が登場。2ステージ構成にすることによって、転換待ち時間なしといった怒濤のライヴが繰り広げられた。

 スーパー・ジャンキー・モンキーは90年代にオルタナティブなハードコアバンドとして海外で高い評価を獲得。L7やスティヴィー・サラス、TMスティーヴンスなど様々なアーティストのサポートアクトをつとめ、ダイナミックなライヴ・パフォーマンスで支持を集めていった。当時はまだ珍しかったんだが、オーディエンスがステージに入り交じって、客席にダイヴしていく様が話題になり、当時のテレビ番組、『タモリの音楽は世界だ』でも紹介されたんだそうな。それだけではなく、実際に彼女たちのライヴ (オーディエンスとのモッシュ、ダイブの実演) も番組で披露されたという。

 現在活躍しているバンドでもスーパー・ジャンキー・モンキーの影響をうけたバンドは数知れず、その魂は多くのバンドの心に生きづいている。これからもその不滅の魂は受け継がれていくだろう。

 ちなみにスーパー・ジャンキー・モンキーは解散していないとのこと。その一方で、今後の活動予定は未定とある。もしかすると、今後Keiko、かわいしのぶ、まつだっっ!!の3人によるスーパー・ジャンキー・モンキーが観られることもあるかもしれないんだが、その時には絶対に彼女たちのライヴを見逃して欲しくはないと思う。

– setlist —
あいえとう / R.P.G. / We’re The Mother / If / Revenge / Decide / Shower / Buckin’ The Bolts

– encore —
SUPER JUNKY MONKEYのテーマ / Faster / 記憶の捏造

Share on Facebook

Information

Photos:
Naoaki Okamura
naoaki@smashingmag.com
twitter
Naoaki Okamura's Works

Write a comment