友部正人 in 京浜ロック・フェスティヴァル @ 東扇島東公園 2009.10.12

 
フォト・レポート – 友部正人 @ 京浜ロック・フェスティヴァル 2009.10.12

Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe
Masato Tomobe

 ひさびさの「友さん」は、東京ローカルホンクをバックにとても気持ちよさそうに歌っている。なんだか水を得た魚のように嬉しそう。ずっと高いところにあるマイクに向かって精一杯背伸びするように歌っていたのが印象的だった。

 ライヴの後、話をすると「やっとアメリカでアーティスト・ヴィザが取れた」とのこと。そのとき、向こうの役人に言われたんだそうな。「日本語で歌っているのに… なんでアーティストなんだ」と。でも、「言葉がわからなくても、わかるもんなんだよね」と、友さんは嬉しそうに話している。おそらく、彼の歌について言えば、「言葉の重要性」が語られることが多いんだが、その本人が「言葉を越えた言葉」について語っているのが面白かった。が、その通りだと思う。わけもわからずディランやビートルズやストーンズに惚れ込んでいったんだろう。そして、知れば知るほどに広がる歌の世界に魅了されているんだろう。

 この日の友さんもそんな感じかもしれない。どこまでもどこまでも届けとばかりに歌う姿は、そのまま雄弁な歌だったように思うのだ。

–>The Suzuki – (Keiichi Suzuki & Hirobumi Suzuki)

Share on Facebook

Information

Photos:
Koichi "hanasan" Hanafusa
hanasan@smashingmag.com
Web Site / Blog / Facebook / twitter
Koichi "hanasan" Hanafusa's Works

Write a comment